ECO床暖標準➁(980x260)_banner.jpg

 

Spec - 1       家計にも環境にもやさしい! 高気密・高断熱

 

全棟、光熱費のシミュレーションをおこない、省エネ性能を目に見える形で提示しています。

新築においては、断熱性能の計算書と評価機関発行の性能評価書を添付しています。

​増築においても、増築部分の計算書を発行しています。

UA値(平均熱貫流率)

UA値とは壁や屋根、窓などから逃げていくエネルギーを表す数値で、小さいほど逃げていくエネルギーが少なく、断熱性能が高いことを表しています。​長期優良住宅の基準は、富山県では0.87(W/㎡・K)以下となっていす。

一会建築では、「HEAT20」(2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)で定める「G1」以上を推奨しています。UA値は、0.48(W/㎡・K)以下となります。「G2」仕様はUA値、0.34(W/㎡・K)以下となります。

 

 

 

 

 

 

 

​​

樹脂サッシ - スタイリッシュかつ高性能「エルスターS」「エルスターX」

断熱構成の弱点となる窓は、リクシルの樹脂サッシ「エルスター2」「エルスターX」をお勧めしています。

窓のフレーム部分をスリム化しスタイリッシュでかつ、熱橋部の面積を減らした高性能樹脂サッシです。

 

 

 

断熱材 - コストパフォーマンスに優れた高性能グラスウール

​とにかく、断熱工事にはこだわっています。

​​施工の精度に性能が左右されるグラスウール。丁寧な工事でしっかりと気密施工します

「G2」仕様の場合、天井が高性能グラスウール16k 240mm+気密シート&気密テープ。

壁が高性能グラスウール28k 120mm+気密シート&気密テープ。

​基礎は内側断熱。スタイロフォーム+気密キソパッキン&発泡ウレタンでしっかりと気密施工します。

​※その他ご希望の各種断熱材にも対応いたします。

エルスターS​

エルスターS​

​高性能GW イゾベール・コンフォート

​0.038[W/(m・K)]

​高性能GW イゾベール・スタンダード

0.038[W/(m・K)]

 

住まいの性能 3つのハイスペック

 
572be7_8d77b0f0e98b40a9912327e1bd8f45f9~

 

Spec - 2       安心の耐震設計! 全棟、許容応力度計算(構造計算)

 

一会建築では、新築工事はもちろん増築工事においても全棟、許容応力度計算を行っています。

現在、2階建て以下のほとんどの木造住宅は、建築基準法で構造計算が免除されています。

代わりに壁量計算などで、簡易的に耐震のチェックが行われています。耐震等級1に当たる計算法です。

近年多発する震災の事後検証で、この耐震等級1では十分な耐震性能が確保されていない事がわかってきて、

許容応力度計算の重要性が認識され始めています。

許容応力度計算と、耐震等級1の違いとは

フタを開けたままの段ボール箱と、フタをガムテープで閉じた段ボール箱を横から押してみてくだい。

想像するだけでも違いが分かりますよね。耐震等級1の計算法と、許容応力度計算の違いを簡単に言うと、こんなイメージです。

耐震等級1はフタを開けたままの状態でも、垂直な壁の量さえ満たせば良いとされる計算法です。 

また、積雪や建物自体の荷重が計算されないのも大きな違いです。

一方、許容応力度計算では閉じたフタの強度も検討されます。また、積雪などを加えた荷重の伝わり方まで検証し、それによって生じる破壊力なども詳細に検討されます。基礎、鉄筋や構造材、接合金物などについても、破壊されないか詳細に検討されます。

地震力係数を、耐震等級3では1.5倍に、耐震等級2では1.25倍にそれぞれ割増しして計算を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一会建築では、図1の項目すべてを許容応力度計算で検討し、安心の耐震性能を提供しています。

※最新の(公財)日本住宅・木材技術センター発行の「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」に準拠しています。

b02e3a09393a52bc7710b5d04ebde416_c3b4a72

図1・出典:株式会社インテグラル

 
DSC01239-2_edited_edited.jpg

 

Spec - 3       安心の耐震性能! 耐震等級2・3

 

耐震等級3とは  

極めて稀に(数百年に一回)発生する 地震等による力の1.5倍の力に対して建物が倒壊、崩壊等しない程度

耐震等級2とは​  

極めて稀に(数百年に一回)発生する 地震等による力の1.25倍の力に対して建物が倒壊、崩壊等しない程度

 

最深積雪量

富山県の最深積雪量(出典:富山県)

​一会建築では「耐震等級2」を推奨しています。

えっ!「等級3」ではないの?

じつは富山県で耐震等級の検討をする場合、150㎝の積雪荷重を加えなければいけません。

その重さは20坪の屋根でじつに30トンにもなり、地震時の揺れがより増幅されます。

そのため太平洋側など積雪の影響のない地域と比べ、等級2でさえ一般の等級3のさらに約1.9倍から2倍以上の耐震性能があり、じつはとてつもなく頑丈な建物なのです。

上のグラフのとおり、最深積雪量150㎝は昭和56年までさかのぼります。近年の積雪量の減少やイニシャルコスト、設計の自由度などを考えると等級2でも十分で、等級3はオーバースペックとも言えます。

​もちろんご要望に応じ、耐震等級3も施工しております。ただ、そこを説明せずに一律に等級3を押し付けるのは間違っていると思います。

copyright(c) ichie kenchiku,inc. all rights reserved.

info@ichie-inc.com  /  tel. 076-468-0282

 

富山県富山市小黒785

 

  • Instagram - Black Circle
  • Facebook Black Round

ToyamaCity Japan

   076-468-0282

図1・出典:株式会社インテグラル