• Webmaster

性能評価、長期優良住宅にかかる費用

「性能評価」「長期優良住宅」 良いのは分かるが一体いくら費用がかかるのか?

皆さんが一番心配なところだと思います。まず、必ず発生する費用は以下になります。

(登録住宅性能評価機関:日本ERI㈱の場合)

1. 設計性能評価料金 ¥45,000(税別)

2. 建設性能評価料金  ¥95,000(税別)

3. 長期優良住宅技術的審査料金(性能評価との併願) ¥7,000(税別)

4. 長期優良住宅申請料金 ¥ 6,000 (非課税)

合計 ¥167,700(10% 税込)になります。

(4は所管行政庁の手数料)

現在私どもでは、耐震等級や断熱性能などの検討は通常の設計業務として行っており、また耐震検討時の構造計算(許容応力度計算)も自社で行っているため、外注費など上記以外に発生する費用はありません。建築資材についても、耐震等級2、断熱等性能等級4以上を標準仕様としているため、標準スペックですと費用の上乗せはありません。

地域型住宅グリーン化事業の *補助金を活用できれば、私どもの場合は申請しないと損という事になります。もちろん正直なところ通常よりも業務量が増える事は間違いありませんが、ハイスペックな住宅を増やして行こうとする施策に少しでも貢献できればと思い、企業努力を続けているところです。

*補助金の数には枠がありますが、令和元年度の補助金は、長期優良住宅+地域材使用加算で、100万円。


最新記事

すべて表示

耐震等級について

未だに「耐震等級3は、耐力壁の量が基準法の1.5倍」だとか「耐震等級2は、耐力壁の量が基準法の1.25倍」といった誤った記事を目にします。 下の資料は耐震等級2を満たしている建物の構造計算書の中の1ページで、基準法で必要とする壁量が満たされているか照らし合わせているものです。 下の方の赤枠内を見て頂くと分かるように、基準法で必要とする壁量に対し、耐震等級2の建物に存在する壁量の充足率が、1階で2倍

Weblog

copyright(c) ichie kenchiku,inc. all rights reserved.

info@ichie-inc.com  /  tel. 076-468-0282

 

富山県富山市小黒785

 

  • Instagram - Black Circle
  • Facebook Black Round

ToyamaCity Japan

   076-468-0282